管理編「賃貸管理の不安や心配事 解消編」


2020年7月12日
株式会社ハウジング・アイ
空き家活用、賃貸管理ブログ

管理編「賃貸管理の不安や心配事 解消編」

よくある心配事の例
(外国籍の方の場合でも対応可能です)

1.突然所在不明になってしまう(外国籍の方の場合)
入居者と連絡が取れなくなってしまうと困ってしまいます。
当社の場合、基本的には申し込み時に賃貸保証会社の利用を
条件としておりますので、
外国人登録証、勤務先、緊急連絡先(母国含めて)の
情報がしっかりしていないと審査に通らないです。
本当に万が一、いなくなってしまった場合でも
保証会社が残置物撤去の費用も負担するので、
金銭上の負担は発生いたしません。
もちろんいなくなってしまってから解約までの賃料も
保証会社によって支払われます。

2.ごみ出しのマナーが悪い
曜日を守らない、分別しない、などの問題が起きる場合がございます。
   1.まず入居契約時に自治体のごみ出しのパンフレットで
ごみ出しについて説明。
引渡し時もゴミ捨て場所やごみ捨て方法を説明
           2.入居後のゴミ処理で問題が発生した時にすぐに、こまめに連絡。
       大事なのは「怒り口調」は使わず、
 起こっている事と対処方法、そして心配をしていることを
 端的に伝えることです。

3.      騒音問題
(確実にその部屋からの騒音と特定できる場合です)
リアルタイムで騒音苦情の連絡が有った場合は
すぐに騒音の苦情があることを伝えます。

昨日の騒音など苦情に時間差があった場合は、
書面(メールでもOKです)で騒音の時間帯や
騒音の程度、様子を伝え、他の入居者に影響を及ぼしていることを
伝えます。
ここでも大事なのは「怒り口調」は使わず、
対処方法、そして心配をしていることを端的に伝えることです。

4.      契約時に申請の無い人物が同居している!?
これは気づいたら、すぐに確認する必要があります。
もし、「友人です」と言われた場合、
その方が合鍵を持っていたら、
友人という言い訳は通用しないことを説明します。
その上で同居を希望する場合
1.      同居希望の申請を出してもらう
(貸主が承認しなければ同居不可であることも説明します)
2.      同居申請の許可が出るまでは未承認の同居人に鍵を持たせない
契約解除につながる重い事態であることを入居者に説明して
理解してもらいます。

当社の管理物件に入居の方は
皆、礼儀正しい方なので、上記問題はほとんど発生しておりません。
(ほぼゼロです)

株式会社 ハウジング・アイ
東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1
TEL:03-5701-0507
EMAIL: webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp

このブログの人気の投稿

第22回 管理編「スムーズな退去立会い」

第24回管理編「一体型トイレに注意」

管理編「民法改正後の賃貸契約書処理について」 連帯保証人手続き