賃貸営業編「物件内覧は立会い有りで行ってます」

 

2020年8月24日

株式会社ハウジング・アイ

空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ

 

賃貸営業編「物件内覧は立会い有りで行ってます」

 

賃貸物件の内覧の場合、

管理会社の立会いが有る場合、無い場合、

両方ございます。

 

物件内覧立会いを行わない理由としては

1.      管理会社と待ち合わせをしなくて良いので

仲介会社が内覧の手配をしやすい

よって内覧の数が増える

2.      管理会社の人的負担が減る

よってコスト削減できる

上記が考えられます。

仲介会社や管理会社が楽になるメリットは

あるかもしれません。

 当社は物件内覧を基本的に立会いで行っております。

立会いを行う理由は

1.      どのような人が内覧しているのか把握できる

真面目で問題なさそう、リスクがある・・・、

現場で対面することによって

得られる情報は非常に大きいです。

当社でも問合せの時点では難しいと

おもった方でも、実際に内覧で対面して

不安解消ができた事例ございます。

反対に内覧者と対面した時に

諸条件が折り合えず断念した事例もございます。

2.      物件の説明を現地でできる

物件設備や物件の特徴、管理内容や

周辺環境など現地で説明することによって

内覧者の疑問をその場で解決できます

3.      犯罪防止

   数少ないですが、立会いの無い空室を犯罪に

   使用する場合がございます。

   不正な荷物受け取り、不正取引の現場として利用、

      鍵の違法複製などの被害可能性がございます。

4.      内覧者の傾向が把握できる

内覧者の年齢層、家族構成、転居希望理由をヒアリングして、

募集活動に反映できる場合がございます。

 

内覧立会いしたからリスクが完全に

ゼロになることはございませんが、

立会いをしない場合に比べれば、

リスクは確実に小さくなります。

 

株式会社 ハウジング・アイ

東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1
TEL:03-5701-0507
EMAIL: webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp

このブログの人気の投稿

戸建ての貸し方 その3  戸建てを貸した時の収支分析 いくらで貸せる いくらかかる

管理編「民法改正後の賃貸契約書処理について」 連帯保証人手続き

管理編「賃貸管理の不安や心配事 解消編」