賃貸管理編「管理会社として特に頑張りたい事項 その1」

 2020年11月10日

株式会社ハウジング・アイ

空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ

 

賃貸管理編

「管理会社として特に頑張りたい事項 その1」

 

管理戸数、仲介件数、稼働率、店舗数など

管理会社についての指標はいくつかありますが、

入居者の満足度がわかる具体的な指標はなく、

管理会社が入居者からどのような

評価をされているのか

知ることはなかなか難しいです。

(グーグルの口コミは玉石混合な印象を受けます)

 

当社は「良い入居者に長期間入居して頂く」

ことを通じて

「貸主の収益に貢献すること」を重視しております。

稼働率が高くても、入居期間が短いと入れ替えの

たびに内装作業などが発生して、

貸主の費用負担が大きくなります。

また入居マナーが良好で無い方が入居すると、

既存入居者からのクレームやマナー改善を

お願いする対応で貸主、管理会社の負担が

大きくなります。

クレームを放置すれば、建物全体でのマナーが悪化、

既存入居者の退去と負の連鎖が止まらなくなりますので、

クレームは最速最優先での対応が求められます。


次回に続きます。


今日の1枚

「2019年 マラソングランドチャンピオンシップ 男子」

 

株式会社 ハウジング・アイ
東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1
TEL:03-5701-0507
EMAIL: webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp

このブログの人気の投稿

戸建ての貸し方 その3  戸建てを貸した時の収支分析 いくらで貸せる いくらかかる

管理編「民法改正後の賃貸契約書処理について」 連帯保証人手続き

管理編「賃貸管理の不安や心配事 解消編」