2022年4月12日火曜日

賃貸編「ZOOMでオンライン契約」

 

賃貸編「ZOOMでオンライン契約」

従来は対面での契約説明が必要でしたが、

2017年からはオンラインでの契約説明も

可能になりました。

2020年からのコロナ禍で対面接客が

制限されたこともあり、

当社でもZOOMによるオンライン契約説明の割合が

増えてきました。

 

1.      来店の必要が無いので、時間調整の幅も広くなる。

会社に来店して契約する場合、お店に行くまでの時間と

契約説明の時間が必要になるので、

休みの日に契約を行うことが多かったですが、

来店の必要が無くなれば、平日の勤務後の時間帯に契約を

行うことも可能になりました。

 

2.      自宅で契約説明を受けられる

遠方から転勤の方は、見学で上京(東京の物件の場合)、

契約で再度の上京を経て、引越しというケースも

ございましたが、オンラインで契約できる場合、

契約のための上京が必要無くなります。

 

3.      落ち着いた環境で説明できる

契約説明する側(当社)も対面での説明の場合、

コロナ感染対策を行った上での

実施になりますので、契約説明以外の点でも

気をつける必要がございます。

マスクをした上での契約説明となりますので、

しっかり説明が聞こえているかも気になります。

オンライン契約のときはマスクの必要がなくなりまし、

入居される方も自宅の落ち着いた環境で

契約説明を受けられます。

 

4.      オンライン説明に慣れるまでは消耗します

オンライン契約に慣れてくれば

気にならなくなりますが、

対面説明での空気感が無い為、自分の説明が

相手に伝わっているのか、最初は気になりました。

 

5.      事前準備を早く行う必要があります。

オンライン契約説明を行う前に相手側に契約書類が

一式届いている必要があるので、対面での契約時よりも

早めに契約書類を作成して相手側に送付しなければ

なりません。

 

6.      押印、署名の場所の説明に少し時間がかかります。

押印、署名が必要な書類には付箋を貼って、

間違いなく処理できるよう工夫をしておりますが、

苦手な方もおります。

 

7.      契約説明のポイント

対面の時も同様ですが、契約説明時に

下記部分を特に注力して説明しております。

禁止されている事項の説明

契約解除になる場合の説明

敷金精算(東京ルール)の説明

特約条項の説明、

ゴミ処理のルール説明、

 

今日の1枚

サフィール踊り子号@横浜駅




賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その3」

賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その3」 外国籍入居者について 前回からの続きになります。   賃貸経営で最も大切な指標のひとつが稼働率。 いかに長期間、高い稼働率を維持するかが 賃貸経営に重要なポイントです。 前回は東京都の人口推移について分析しまし...