2022年4月17日日曜日

賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その1」

 

賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その1」

建物建築企画の際、将来も稼働率が落ちない

建物(用途、間取り、設備など)を

考えて提案します。

将来は具体的にどれくらい先を指すのかを考えると、

銀行借り入れで建物を建てる際は30年程度、

建物のサブリース会社も表面上(賃料見直しがある)は

借り上げ期間30年としているので、

30年がひとつの目安として考えられます。

この記事を書いている時点での30年後は

2052年になりますが、

2052年の社会を予測することはできますでしょうか。

とても難しいと思いますが、いくつかの方法で

考えてみたいと思います。

 

予測方法その1 「30年前と比較する」

現在(2022年)と30年前の1992年は

どれくらい違いがあったのかを比較すれば、

30年間でどれだけの変化が起こるか、

少しは予想できると思います。

日本の歴史で振り返ると

1992年は1991年にバブル景気が終了して

景気の衰退傾向が鮮明になりました。

プロスポーツは野球と相撲が中心で

Jリーグは1993年にスタートします。

通信、情報処理面では

インターネットの大衆化は始まっておらす、

パソコンよりもワープロの時代でした。

携帯電話もまだ普及前です。

ポケベルが人気の時代でした。

MD(ミニディスク)が発売されたのも1992年でした。

髪染め(茶髪)も1992年が普及元年のようです。

肝心の1992年の建物設備編ですが、

1.オートロックはまだ少数(高級物件のみ)、

2.単身者向けはまだまだ3点ユニットバスが多かったです。

3.エアコンが設置されていない部屋も多かったです。

4.ウォシュレットが設置されている部屋は少なかったです。

5.バブル期は有線引き込みがある部屋がございました。

6.モニターインターホンも少なかったです。

7.駐車場の人気は高かったです。

8.ペットが飼育できるマンションはほとんど無かったです。

9.住居兼事務所(SOHO)という言葉も無かったと思います。

10.防犯カメラも賃貸マンションにはほとんどありませんでした。

現在とは違いが大きい印象です。

しかしながら、エアコン、ウォシュレット、防犯カメラは後付できますし、

オートロック設置、3点ユニットをバストイレ別に変更も構造的に可能な

建物であれば、後から変更することも可能です。

躯体がしっかりした建物であれば、設備を更新していけば、

30年後も競争力を維持できると考えられます。

 

続きます。

 

今日の1枚

カシオペア号@上野駅


株式会社 ハウジング・アイ
東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1
TEL:03-5701-0507
EMAIL: webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp

 

 

 

賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その3」

賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その3」 外国籍入居者について 前回からの続きになります。   賃貸経営で最も大切な指標のひとつが稼働率。 いかに長期間、高い稼働率を維持するかが 賃貸経営に重要なポイントです。 前回は東京都の人口推移について分析しまし...