2018年10月7日日曜日

第9回 入居者募集編「募集活動再点検」





繁忙期を過ぎると人の流れが落ち着き、引越しも減るのは仕方ないか・・・と
思う一方、それでも引越しがゼロになっているわけではなく、
入居者が決まっている物件はある・・・。
この差はなんだろうと悩んでしまうこともあると思います。

原点に立ち返り、募集条件設定にあたっての基本事項を
確認するのはいかがでしょうか
不動産に限らず、商品販売の基本的な分析手法として
4Pマーケティングミックス
というものがございます。
PRICE(価格)、
PRODUCT(製品)、
PLACE(立地)、
PROMOTION(販促)
という切り口で
分析及び作戦立案を行うものです。

 PRICE=賃貸物件で言えば、賃料と初期費用(敷金・礼金・仲介料など)です。
周辺比較や需要動向(類似物件の成約状況はどうか)を
調査します。
PRODUCT=募集中の建物のスペックです。構造・
間取り・日当たり・設備・
環境・管理・楽器演奏可能・ペット飼育可能などの
要素が賃料に反映していきます。

PLACE=建物立地です。一考すると変えようがない気がいたしますが、
例えば、
スカイツリーが近くにできればPRポイントになりますし、
建物近隣に新駅ができれば、その効果は非常に大きい場合がございます。

周辺環境で影響を受ける要素と考えられます。

PROMOTION=販促です。敷金・礼金ゼロ・フリーレント1ヶ月・
インターネット無料など、特典を付けて募集を行います。


株式会社 ハウジング・アイ
東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1
TEL:03-5701-0507
EMAIL:
webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp

賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その3」

賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その3」 外国籍入居者について 前回からの続きになります。   賃貸経営で最も大切な指標のひとつが稼働率。 いかに長期間、高い稼働率を維持するかが 賃貸経営に重要なポイントです。 前回は東京都の人口推移について分析しまし...