投稿

賃貸管理編「2021年版 コロナ渦の賃貸管理業務のポイント その1」

イメージ
  2021年1月8日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ 賃貸管理編「2021年版  コロナ渦の賃貸管理業務のポイント その1」   新年あけましておめでとうございます。 おめでたい気分になるのは難しい状況ですが、、 年が変わり、気持ち新たに今年も業務に 取り組みますので何卒宜しくお願い申し上げます。 1月8日から、早速?東京都と周辺3県は 緊急事態宣言対象地域となりました。   2020年から続く、コロナ対応。 賃貸管理会社が考えること、 行う対策について考えてみました。   大きな要因 2020年から続くコロナ渦による景気悪化、 雇用状況悪化、行動制限要請。   おもな影響 1.       テレワーク増加。 在宅時間が長くなります。 建物内でのインターネット需要が増加しています。 高速インターネットが引き込みの需要が 増加しています。   建物のインターネット環境を 把握しておりますでしょうか。 ネット通販がさらに増えます。 宅配ボックスは設置しておりますでしょうか。 宅配ボックスは問題なく稼動しておりますでしょうか。 受け取り忘れの荷物や誤配達の荷物が長期間そのままに なっている場合がございます。 定期的な稼働状況確認も大切です。   「足音が気になる」など生活音についての 問合せが増加します。 日中も在宅の為、上下隣室の音が気になる 場合がございます。 相談があった場合は、すぐに建物全戸に「おしらせ」を 入れるなど、まずは注意喚起、 協力をお願いする姿勢を伝えます。 在宅勤務の環境が良くないと将来的な退去に つながる可能性も ございます。 反対にテレワーク環境の良さをPRできる物件は (静か、高速インターネット利用可能、宅配ボックス完備、 周辺環境良いなど)、 入居者募集に際しての大きな武器になります。   2.       実家に戻るので退去 テレワークで出社の必要もなくなり、 会社の近くで暮らす必要も無くなった。 高い家賃がもったいない。 上記理由で実家に戻る事例は増えております。 合理的な考えだと思いますので、 賃貸管理

賃貸管理編「管理会社として特に頑張りたい事項 その2」

イメージ
  2020年11月21日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ 「管理会社として特に頑張りたい事項 その2」   その1からの続きです。 「良い入居者」に入居してもらう為には 当たり前ですが、「良い入居者」を見つけるしか有りません。 「良い入居者」を見つけるためには、室内見学時に 見学者に合って、見極めることが必須です。 室内見学時や問合せ時の態度が明らかに良くない人は、 入居後に問題を起こす可能性が高いと考えます。 おもな問題としてはごみ捨てルール守らない、 騒音、家賃滞納があげられます。 勤務先に知名度があって年収面に問題がなくても、 ルール守れない方は共同住宅に不適です。 「総合的に判断した結果、入居承認が出ませんでした」と シンプルにお断りするのが無難です。   「良い入居者」はマナー遵守はもちろんの事、 建物に異変があると、いち早く教えてくれます。 その情報のおかげで被害を最小限に防げたり、 管理上の対策ができたりします。 大変有り難いです。   今日の1枚 冬の東京タワー   株式会社 ハウジング・アイ 東京都目黒区中根 2-4-6  レジデンス石山 1 階 TEL:03-5701-0507 EMAIL: webmaster@housingi.co.jp WEB: http://www.housingi.co.jp

賃貸管理編「管理会社として特に頑張りたい事項 その1」

イメージ
  2020年11月10日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ   賃貸管理編 「管理会社として特に頑張りたい事項 その1」   管理戸数、仲介件数、稼働率、店舗数など 管理会社についての指標はいくつかありますが、 入居者の満足度がわかる具体的な指標はなく、 管理会社が入居者からどのような 評価をされているのか 知ることはなかなか難しいです。 (グーグルの口コミは玉石混合な印象を受けます)   当社は「良い入居者に長期間入居して頂く」 ことを通じて 「貸主の収益に貢献すること」を重視しております。 稼働率が高くても、入居期間が短いと入れ替えの たびに 内装作業などが発生して、 貸主の費用負担が大きくなります。 また入居マナーが良好で無い方が入居する と、 既存入居者からのクレームやマナー改善を お願いする対応で 貸主、管理会社の負担が 大きくなります。 クレームを放置すれば、建物全体でのマナーが悪化、 既存入居者の退去と負の連鎖が止まらなくなりますので、 クレームは最速最優先での対応が求められます。 次回に続きます。 今日の1枚 「2019年 マラソングランドチャンピオンシップ 男子」   株式会社 ハウジング・アイ 東京都目黒区中根 2-4-6  レジデンス石山 1 階 TEL:03-5701-0507 EMAIL: webmaster@housingi.co.jp WEB: http://www.housingi.co.jp

戸建て活用&空室対策編「希望条件を分析した募集方法」

  2020年10月20日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ   戸建て活用&空室対策編 「希望条件を分析した募集方法」 コロナ禍で今まで会社でしていた仕事を 自宅で行うようになり、現在も自宅業務が 続いている方が一定割合おります。 会社へ出社の必要がなくなったので、 住宅は会社に近くなくても良くなりました。 その為、家賃の高い都心から家賃の安い郊外への 移転傾向もございます。 また自宅で業務を行う為、自宅内に業務スペースが 必要になったので、今までよりも広い住宅を 希望する傾向もございます。   上記から賃貸住宅の希望条件として、 より安い賃料、より広い面積、 が条件として今までよりも重視されています。 賃料と面積が条件を満たしていれば、 古くても、郊外でも、駅から遠くても、 気にしない傾向もございます。   現在、空き家の賃貸を検討されている方で 建物が古いから、借り手がみつからない不安は 解消できる可能性が大きいです。 昭和40年代築、昭和30年代築で フルリフォームしていなくても 賃貸している事例ございます。   賃貸戸建ての需要が増加しているので、 この時期に空き家の賃貸を検討するのは 良い機会だと思います。   株式会社 ハウジング・アイ 東京都目黒区中根 2-4-6  レジデンス石山 1 階 TEL:03-5701-0507 EMAIL: webmaster@housingi.co.jp WEB: http://www.housingi.co.jp

空室対策編「コロナ禍での物件PR方法を考える」

  2020年9月17日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ   空室対策編「コロナ禍での物件PR方法を考える」 コロナ禍で半年が過ぎ、感染防止と 経済の両立がポイントとなっております。 居住用賃貸の流動性(引越し)は 減少している印象がございますが、 それでも郊外移転などの現象で 転居は発生しております。 空室発生すれば、次回の入居者募集の 準備がございます。 コロナ禍でどのような募集活動が 有効か考えてみます。   1.       高速インターネット利用可能、遮音性能良好、 住宅環境良好、仕事スペース確保しやすい。 自宅勤務時間が増えた為、 それに対応する為の条件をPRする方法です。 在宅時間が長くなったので、 上下隣室からの音が気になるという 報告もございます。 WEB会議で自宅の背景が気になる方は 背後の壁紙がカラークロスや デザインクロスでカッコよいと評判が良い との回答もございました。 今後、自宅勤務時間が急に減少することは 考えにくいので、ネット、遮音などの点はPR、 もしくは改善していくことが 重要になると思います。 駅から遠いけど、リフォーム済み、 日当たり良好、静かな環境・・・。 築年数が経って、駅から遠い物件でも 上記PRポイントで問合せが増える 可能性ございます。   2.       入居キャンペーン フリーレントや初期費用を安くして 集客する方法ですが、 この状況下での効果は少し疑問です。 引越しの目的が上記の在宅勤務環境が良い点を 重視している場合、 初期費用よりも建物状況の方が重要なので、 初期費用を安くする効果は限定的になる可能性が ございます。 設備面の向上は難しい、賃料安さで勝負! ということであれば、 初期費用の安さは効果がでる可能性がございます。   3.       あえて従来通りの方法の募集を続ける 部屋探ししている全ての人が在宅勤務の 設備重視だったり、賃料の安さ重視 というわけではないので、 募集条件、設備も従来通りで募集活動を行い、 様子を見る方法もございます。 難しい

空き家賃貸編「都心から郊外戸建てへの移転傾向について」

  2020年9月7日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ 空き家賃貸編 「都心から郊外戸建てへの移転傾向について」 コロナ渦の引越し傾向として、 都心部から郊外に移転がございます。 特徴としては 1.       通勤の回数が減った、    もしくはほとんど無いので 会社の近くでなくて良い。 (IT系で自宅仕事が可能な為) 2.       郊外の方が家賃が安い 3.       生活に支障が無ければ駅近でなくてもOK。 4.       生活環境(スーパーなど)、    学区、保育所の状況も重要な判断材料 5.       都心居住者は車所有率が郊外に比べて低いので、 車無しで生活ができる環境であれば尚良い 6.       リモート会議があるのでネット環境は重要。 郊外の賃貸戸建て需要増加はしばらく継続すると思います。 都心からの移転需要に合う募集活動も 重要なポイントになります。   株式会社 ハウジング・アイ 東京都目黒区中根 2-4-6  レジデンス石山 1 階 TEL:03-5701-0507 EMAIL: webmaster@housingi.co.jp WEB: http://www.housingi.co.jp      

賃貸営業編「物件内覧は立会い有りで行ってます」

  2020年8月24日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ   賃貸営業編「物件内覧は立会い有りで行ってます」   賃貸物件の内覧の場合、 管理会社の立会いが有る場合、無い場合、 両方ございます。   物件内覧立会いを行わない理由としては 1.       管理会社と待ち合わせをしなくて良いので 仲介会社が内覧の手配をしやすい よって内覧の数が増える 2.       管理会社の人的負担が減る よってコスト削減できる 上記が考えられます。 仲介会社や管理会社が楽になるメリットは あるかもしれません。   当社は物件内覧を基本的に立会いで行っております。 立会いを行う理由は 1.       どのような人が内覧しているのか把握できる 真面目で問題なさそう、リスクがある・・・、 現場で対面することによって 得られる情報は非常に大きいです。 当社でも問合せの時点では難しいと おもった方でも、 実際に内覧で対面して 不安解消ができた事例ございます。 反対に内覧者と対面した時に 諸条件が折り合えず断念した事例もございます。 2.       物件の説明を現地でできる 物件設備や物件の特徴、管理内容や 周辺環境など 現地で説明することによって 内覧者の疑問を その場で解決できます 3.       犯罪防止    数少ないですが、立会いの無い空室を犯罪に    使用する場合が ございます。    不正な荷物受け取り、不正取引の現場として利用、       鍵の違法複製などの被害 可能性がございます。 4.       内覧者の傾向が把握できる 内覧者の年齢層、家族構成、転居希望理由をヒアリングして、 募集活動に反映できる場合がございます。   内覧立会いしたからリスクが完全に ゼロになることはございませんが、 立会いをしない場合に比べれば、 リスクは確実に小さくなります。   株式会社 ハウジング・アイ 東京都目黒区中根 2-4-6  レジデンス石山 1 階 TEL:03-5701-0507 EMAIL: webmaster@housingi.co.jp WEB: http://w