投稿

空き家賃貸編「空き家を相続取得した場合の税制注意点(賃貸ご検討の方)」

2020年8月4日株式会社ハウジング・アイ空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ空き家賃貸編「空き家を相続取得した場合の税制注意点(賃貸ご検討の方)」
空き家(戸建て)を相続取得して、売却か賃貸か悩む場合がございます。中にはしばらくは賃貸に出して、いずれ売却を検討する場合もございます。
今回は相続取得した空き家(戸建て)を売却して譲渡所得から3000万円控除を受ける場合の条件についてです。条件の詳細は下記でご確認お願いします。https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3306.htm相続取得空き家(戸建て)で賃貸を検討されている方でポイントになるのが下記条件です。1.相続の開始があった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売ること。2.相続の時から譲渡の時まで事業の用、  貸付けの用又は居住の用に供されていたことがないこと。相続取得した空き家(戸建て)を売却する前に賃貸した場合は、3,000万円控除が使えなくなります。株式会社 ハウジング・アイ東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1階
TEL:03-5701-0507
EMAIL: webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp

賃貸編「人気物件の分析 その1」

2020年8月2日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ
賃貸編「人気物件の分析 その1」 毎回募集して約1週間で入居者が決まる人気物件がございます。 すぐに決まるポイントはどこにあるのか考えてみたいと思います。
1.最寄り駅 東京都内の人気エリアの駅です。 2.駅からの距離 徒歩約10分です。(10分はかからないです) 3.築年数 約30年です。 4.オートロック 無いです。 5.エレベータ 無いです。 6.

管理編「オートロックが無い建物の防犯対策」

2020年7月20日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ
管理編「オートロックが無い建物の防犯対策」
賃貸物件の必須設備として人気が高いオートロック。 可能であれば後付でも設置したい建物オーナーも いると思いますが、設置が物理的に難しい場合もございます。
今回はオートロックが無い建物でどのように防犯対策を 行うことができるか考えてみたいと思います。
オートロックの目的は建物に関係の無い人物の出入りを 防ぐことです。具体的には泥棒、勧誘セールス、いたずら、不審者、 不法投棄などです。
なぜ彼らが建物に出入りするかというと 出入りが容易であり、逮捕されるリスクが低いからです。
出入りの容易さに対応するのがオートロックです。 もう一方の逮捕されるリスクを上げる対策を考えてみます。 どうしたら逮捕されるかというと、 その1.人物が特定され その2.警察に通報される からです。
その1.人物を特定する為には 1.各戸にモニター付インターホンを設置(1台約2万円) 現在のモニター付インターホンは工事なしで設置可能なので やる気があれば、即日設置可能です。 家電量販店でもホームセンターでもネット通販でも購入可能です。

戸建ての貸し方 その3  戸建てを貸した時の収支分析 いくらで貸せる いくらかかる

2020年7月17日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ
戸建ての貸し方 その3  戸建てを貸した時の収支分析
お手持ちの戸建てをいくらで貸せるかは周辺相場を調べれば、 なんとなくわかりそう。 建物を補修したり維持するのに費用がどれくらいかかるのかは よくわからない・・・。 ということで、今回は戸建てを貸し出している時の収支について 説明いたします。
戸建てを6年間貸し出した時の収支例です A.家賃収入 月額120,000円と設定します。 (お手持ちの物件によって家賃額は異なります) 年間では1,440,000万円、 6年間では8,640,000円となります。
B.固定資産税 年額100,000円と仮定します。 (お手持ちの物件によって税額は異なります) 6年間では600,000円となります。
C.火災保険料 年額30,000円と設定します。 6年間では180,000円になります。
D.貸し出す為に必要なリフォーム費用概算(例) 室内清掃      80,000円 エアコン交換2台 180,000円 畳おもてがえ    30,000円 網戸交換3枚    10,000円 壁紙交換     200,000円 キッチン水栓交換  50,000円 ガスコンロ交換   70,000円 諸経費       50,000円

管理編「民法改正後の賃貸契約書処理について」 連帯保証人手続き

2020年7月16日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、賃貸管理ブログ
管理編「民法改正後の賃貸契約書処理について」
コロナ禍で取り上げられることが少なくなっておりますが、 2020年4月1日から民法改正されました。 賃貸契約書も連帯保証人を立てている場合は 保証限度額(極度額)を設けることが必要になりました。 2020年4月1日以降に更新を迎える更新契約分についても 同様の手続きが必要となります。
更新分の契約手続きについては 「極度額を設定した」連帯保証人承諾書を作成して、 連帯保証人の実印押印、印鑑証明書添付をお願いしております。
今までは契約書類は貸主と借主分の2部作成にしておりましたが、 民法改正後は連帯保証人分も作成しております。
極度額について、設定額の上限は無く、相場もまだ定まっておりませんが、 報道等を見ると賃料の6か月分から3年分の範囲に収まっていることが 多いです。 賃貸保証会社の保証限度額が2年という会社が多いので、 それに準じて保証人の極度額を2年にする事例もございます。
書類手続きの手間は増えますが、 これを機会に連帯保証人の再確認ができますので、 契約の健全性維持には良い機会になります。
株式会社 ハウジング・アイ 東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1階
TEL:03-5701-0507
EMAIL: webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp

管理編「賃貸の足音、騒音問題の対処、調査方法について」

2020年7月14日 株式会社ハウジング・アイ 空き家活用、賃貸管理ブログ
管理編「賃貸の足音、騒音問題の対処、調査方法について」
賃貸物件を管理していると必ず起こる騒音、足音問題です。 「上の階の足音がうるさい」、「隣が宴会を夜中までやっている」など 様々あると思います。 特にステイホーム期間中は足音、騒音問題が増えたと報道にも ございました。
一番頻度が多い足音については、当社では苦情があったらすぐに 建物全戸に「足音の苦情がある」おしらせを出しています。 大事な点は、前回も書きましたが、怒り調子にならず、 事実の記述と協力を求めることをお願いすることを重視します。 「おしらせ」が入ることによって、改善することも多いですが、 改善しない場合も残念ながらございます。
改善しない場合、戸別に連絡をして確認する場合もございますが、 下の階からの苦情で、すぐに真上の階と特定しない方が良いです。 横の部屋、斜め上の部屋、2つ上の階の部屋だったという場合も ございますので、慎重、広範囲に調査を行うことが必要です。 また「足音の苦情」だったのに、実は足音では無く「水道管の ハンマーノック現象」だった場合もございます。 ハンマーノック音と足音は似ているので間違える可能性は 十分考えられます。 建物の給水管(給湯管含む)の経路図で管の配置を確認することも 原因究明に効果ございます。
いろいろ調査しても原因究明できない場合もございます。 当社では以前、全戸に協力をお願いして