投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

第20回ペット飼育可能物件への変更方法

空室が増えた、問合せも少ない、良いアイデアも無い・・・。 ペット飼育可能に変更すれば、入居者が増えるかもしれない!? 既存の賃貸物件をペット飼育可能にする手続きについて 説明いたします。
1現在の入居者への説明 現在入居している方への説明を行い、理解を得ることが一番重要です。 説明を省いて、貸主または管理会社の意向だけでペット飼育可能に 変更した場合、現在入居者している方からの苦情が来ますので、 必ず事前の説明と承諾の確認をお願いします。 一般的な方法としては、各住居にペット飼育可能にする旨の おしらせを出します。 内容は、 ペット飼育条件(飼育可能なペットなど)、 ペット飼育規約を作成しペットを飼育しない入居者も快適に生活できることを 約束する、 現在の入居者でペットの飼育希望する方からも飼育希望の問合せを受け付ける、 ペット飼育に反対の方の意見を受け付ける、 当社の事例では、ペット飼育に反対された方は今までおりませんが、 犬の鳴き声などの苦情を受けることはございます。 その際は迅速に苦情の連絡をされた方への対応と 該当のペット飼育者に連絡を取り、解決を図ることが非常に重要です。

2ペット飼育条件 一般的には小型犬または猫が多いです。1匹又は2匹までという条件が多いです。 小型犬または猫どちらかに限定する場合もございますが、長所短所ございます。 しつけ次第ではございますが、 犬の場合は鳴き声(が止まらない)、猫の場合は壁面の引っかきによる建物の損耗が 起こる場合がございます。 ペット飼育時は敷金を1ヶ月積み増して頂く場合が多いです。 退去時は積み増し頂いた敷金1か月分を償却処理して、清掃費と原状回復費用に 充当する場合が多いです。ペットの飼育方法や賃料と部屋の広さのバランスに問題が無ければ、 敷金1ヶ月の償却で清掃費と原状回復費用を超える場合は少ないですが、 賃料設定が安い物件は敷金1ヶ月分で清掃費を捻出できない場合も ございます。一方、居住年数に関わらず原状回復費は 全額借主負担という特約も難しいです。 その際、原状回復の負担ルールに沿った精算方法の取り決めを 事前に考えることが必要になります。
3ペット飼育規約の作成 ペット飼育ルールの説明を行い、トラブルが起こらないよう心がけます。 おもな内容は 事前に飼育するペットの申請を行う 音、臭い、鳴き声などで近隣に迷惑をかけない 室内のみ飼育、ベランダなどで飼育しない 排水の毛詰まり防止 共有部分…

第19回 引越しのきっかけとなるスイッチとその予防策

上京・転勤・結婚など明確な理由で引っ越すこともあれば それ以外の理由の引越しもあります。 もしかしたら防げたかもしれない引越しについて 分析したいと思います。 引越しのきっかけとなるスイッチ その1.更新時期 理由 更新料が発生する。更新料を支払ってまで住み続ける魅力が 感じられない。 対策 更新料減額・契約期間延長(契約期間を2年から3年に延ばせば 更新の時期が先になるので) その2.賃料が高く感じられる 理由 周辺建物の賃料の方が明らかに安い。新築から住んでいるので新築時の 賃料を払っているが、同マンションの空き部屋の賃料の方が安い 対策 同マンションとの賃料比較問合せがあった場合は賃料を現空の部屋に合わせるか 更新料を割り引くなどして不利益を感じさせない調整が必要になります。 その3.建物の清潔感がない 理由 建物の定期清掃がない。ゴミ置き場が荒れている。 ポストにチラシがあふれている。 対策 定期清掃と巡回を増やします。 建物が綺麗な状態であれば、住民もゴミをそのままにしては 良くないと思うようになります。 その4.管理が良くない 理由 建物の設備不調や共有部分の不調連絡をしても対応までに時間がかかる。 対策 対応スピードあげる。不調の連絡が有った場合は直ぐに現場確認して、 対応可能な連絡先に報告。対応までに時間がかかる場合は入居者に状況説明を 行う。
株式会社 ハウジング・アイ 東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1階
TEL:03-5701-0507
EMAIL: webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp