賃貸営業編「コロナ渦での賃貸物件トレンド」

 2020年8月9日

株式会社ハウジング・アイ

空き家活用、空室対策、賃貸管理ブログ

 

賃貸営業編「コロナ渦での賃貸物件トレンド」

 

緊急事態宣言解除後の6月は

賃貸物件需要の回復の兆しが感じられましたが、

感染者数増加が続き、7月に入ってからは

活発さがあまり感じられなくなりました。

 

この状況下でも引越しされる方は

リモートで業務対応できる割合が高い印象です。

都会から実家のあるの地方に戻る

都会から郊外の賃料が手ごろな物件に引越す

事例がございます。

今までは、より都心、より駅近を重視する傾向でしたが、

リモートで業務できる状況になり、

駅から近くなくても良い、手ごろな賃料、ネット環境が

重視される傾向になってきている印象もございます。

 

駅から遠い物件で入居者募集に苦労している物件には

商機があるかもしれません。

ネット環境(高速インターネットが引きこみできる)は

必須ですので、ご所有の建物が高速インターネットを

引きこめる環境であるか確認する必要がございます。

 

コロナ感染防止対策として、

電車通勤をやめて自転車通勤に切り替えた方もおります。

集合住宅では自転車置き場の自転車台数が増加する

可能性がございますので、

自転車置き場の空きに余裕はあるか、

放置や長期間未使用自転車はないかの確認も

必要になると思います。

自転車置き場スペースに余裕が無い場合は、

登録制や有料化を検討することも考えられます。

 

株式会社 ハウジング・アイ

東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1
TEL:03-5701-0507
EMAIL: webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp

このブログの人気の投稿

第22回 管理編「スムーズな退去立会い」

第24回管理編「一体型トイレに注意」

管理編「民法改正後の賃貸契約書処理について」 連帯保証人手続き