2018年8月28日火曜日

第4回 外国籍入居者に対応する その1


外国籍入居者について

 空室が増えてきたので、募集の間口を広げても
なかなか効果が上がらない。
外国籍の入居者が増えていると聞いているけど、
外国語(英語)ができないから
もしもの時に対応できないから不安・・・。
外国籍の方の入居に関心があっても不安が先行して、
なかなか踏み切れない貸主の方も多いと思います。
下記がおもな不安事だと思います。

   日本語でコミュニケーションができない
日本語か英語で会話できることを条件にすることも可能。
英語のみの場合は当社でサポート可能です。


②ごみ出しルールを守らない
契約時にごみ出しや生活ルールについて説明いたします。

③夜中に大きな音を出す・パーティをする
契約時に生活ルールについて説明いたします。

④賃料を払わずに行方不明になる
賃貸保証会社加入を条件にいたします。

⑤契約書に記されていない人物と無許可で
室内をシェアする契約約款に違反する行為は
国籍問わず対処いたします。

当社では英語版の契約書類も用意しております。

当社では下記条件で募集活動を行っております。

①身元が明確(学校名・勤務先・査証)
   日本語か英語で会話できる
③賃貸保証会社に加入
④一般的社会常識や賃貸共同住宅で
    円滑な生活が送れる協調性重視

初めて外国籍入居者を受け入れる貸主様は
不安があるかもしれません。
貸主様のご希望に応じて、
下記調整を行うことも可能です。
①日本語会話できる
女性限定

外国籍入居者を積極的に受け入れている賃貸住宅は
まだ供給不足です。
その為、不本意ながらシェアハウスや
希望条件とは異なる賃貸住宅に
居住しているケースもございます。
門戸を外国籍入居者にも広げることによって、
稼働率改善が期待できます。

当社では外国籍の方が、日本語が読めなくても、
PCが無くても対応できるよう英語版でスマホ対応の
ホームページで物件紹介を行っております。

株式会社 ハウジング・アイ

東京都目黒区中根2-4-6 レジデンス石山1
TEL:03-5701-0507
EMAIL: webmaster@housingi.co.jp
WEB: http://www.housingi.co.jp

 

賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その3」

賃貸編「30年先を見据えた賃貸経営 その3」 外国籍入居者について 前回からの続きになります。   賃貸経営で最も大切な指標のひとつが稼働率。 いかに長期間、高い稼働率を維持するかが 賃貸経営に重要なポイントです。 前回は東京都の人口推移について分析しまし...